新宿 ライブハウス【グラムシュタイン】新大久保 東京 グランドピアノ

【グラムシュタイン番外編ホームページ】


新宿 大久保 新大久保 東新宿 西早稲田 高田馬場 最寄り!
リーズナブル価格(安い・格安・激安?)、グランドピアノ、ダンス、ミュージカル、トークライブ、アカペラ、食事、
キャパ(収容人数)200 の東京のライブハウス!

ライブハウス 新宿 グラムシュタイン
住所:〒169-0072 東京都新宿区大久保
2-6-10新宿第二アルプスマンションB1
TEL: 03-6380-2517

早分かりはこちら→

詳細 >>

※synclメッセージ

※フレンド一覧

※フレンド一覧 登録がありません

※コミュニティ一覧

参加しているコミュニティがありません。 コミュニティを探す
79件中   21 - 40 件表示 ( 全 4ページ )
  1  2  3  4   

Double の Sachikoさんを憶ふ


プラドックスエンターテインメントのMazaharuです。

8/30(金)にグラムシュタインでR&B寄りのVoイベントを企画

(出演者:mifa、chrem、T-swing、Cielo azul and more)しており、

タイトルを考えていたら、昔亡くなったあるアーティストさんを思い出しました。

Double(ダブル)のSachiko(サチコ)という方を皆さんは知っていますか。

特別な思い入れがある方です。

1999年5月21日に25歳の若さで亡くなったので

メジャーでの音楽活動の情報は大変少ないのですが

自分は「Double O Groove」というダブルのお二人が出演していたラジオ番組や

横浜などでのライブ公開生放送を聞くのがとても楽しみでした。

少し調べたら

Sachiko(サチコ)さんの事をブログで書いている方がいらっしゃいました。


そして、妹さんであり現活動中のTakako(タカコ)さんが回想している番組も見つけました。

是非見てみて下さい。


2013-06-26 16:46:07投稿者 : 東京 ライブハウス
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

きゃりーぱみゅぱみゅは言えない!



プラドックスエンターテインメントのMazaharuです。

今人気のきゃりーぱみゅぱみゅさん!

皆さんは「きゃりーぱみゅぱみゅ」と発音できますか。

自分は舌が長いので、未だに「ぱみゅぱみゅ」と言えません。

でもその言いにくいこともきっと話題性の一つですね。

最近「にんじゃりばんばん」という曲がマイブームです。

かなり好きです。

PVを見たらこの中のアニメも本人のダンスも面白いですね!

巷でもよくかかっていますが、本人のシングルで過去最高のヒットらしいです。

ややアングラ、マニアック好みの自分がこれを好きになるとは、自分でもびっくりです。

youtubeにこの曲のピアノバージョン(一般の方含む)も沢山アップされています。


オリジナルバージョンももちろん好きですが、

このピアノバージョンはきれいなコード感がより分かるので好きです。

(自分は和風のコード感のものによくハマります)。

きゃりーさんは、Perfume(パフューム)を手がけた中田ヤスタカさんが

作詞作曲プロデュースを行なっているので中田ヤスタカさん本人にも興味を持ちました。

シングルディスコグラフィー
1st つけまつける
2nd CANDY CANDY
3rd ファッションモンスター
4th キミに100パーセント/ふりそでーしょん
5th にんじゃりばんばん
6th インベーダーインベーダー

2013-04-30 14:53:34投稿者 : 東京 ライブハウス
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

遅ればせバースデー&受け口犬

プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

いやー、やられました!

ブログではあんまり日常を書かないのですが、今日はそういう訳で書きます。

火曜日はグラムシュタインを歌&ダンスレッスンでお貸出ししているのですが

代表の方に「今からステージのゲネをするので見て欲しい」と言われ

ホールへ行くと

生徒さんがステージでスタンバイ。

今までも時々呼ばれていたので、何の疑問もなくレッスンをチェック。

1曲の歌&ダンスが終わったところで

暗転&「ハッピーバースデー」のアカペラ。

という訳でなんと自分の誕生日サプライズでした!

3/14はとうに過ぎ去っていただけに全く予測できず

やられましたーーーー!
ちっちゃいけれどみんなの優しさが詰まったケーキとロゼワイン

(その横は今日自分が飲みたくて買ったタンカレー?のジン)

皆さん、ありがとう!!
PS:いつもの通り道にあるペットショップの入口にいたブルちゃん!

受け口で大人しくてカワイイ!!

2013-03-19 23:03:36投稿者 : 東京 ライブハウス
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

デペッシュモード(Depeche Mode)は日本に来る?


プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のmazaharuです。

デペッシュモード(Depeche Mode)が久々に音源発売とツアーだそうです。

しかし、ツアーはヨーロッパとのことで、またしても日本には来ないようです。

ファンの方、残念ですね。

でも活動をし続けてくれることだけでも嬉しいことです。

まだ未チェックの方は一度聞いてみて下さいね。

2013-02-12 17:27:24投稿者 : 東京 ライブハウス
この記事のURL コメント(1) nice!  あしあと

日の丸そっくりの国旗のストーリー




プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

今日は天皇誕生日、明日はクリスマスイヴです。

皆さんは年末になるとなんかやたらとテンションが上がりませんか。

自分は毎年12月になると高揚して、1月になると気持ちがのんびりします。



夏のオリンピックの際に気になっていた国旗について

感動的な物語を知りましたのでここで取り上げます。実話のようです。

いつかそこへ行って見たいと思います。

映像にて

2012-12-23 17:52:32投稿者 : 東京 ライブハウス
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

「マイ・ウェイ(MY WAY)」と「デヴィッドボウイ (david bowie)」



プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

最近好きな番組のひとつに「ゲストとゲスト」があります。

先日はTHE YELLOW MONKEYの吉井和哉さん×吉田 敬さんでした。

本音かな?トークなので見てみて下さい。

吉井さんといえばやはりデヴィッドボウイ (david bowie)ですよね。


今朝、ふと「マイ・ウェイ(MY WAY)」をyoutubeで見ようと思ったのですが

この曲にボウイが関わっています。

詳しくはこの方のブログを見て頂きたいのですが


簡単に言うと

「マイ・ウェイ(MY WAY)」の原曲はクロード・フランソワ(Claude Francois)の
「いつものように(Comme D'habitude」 です。

この「いつものように」を聞いた「ダイアナ(Diana)」で有名なポール・アンカ(Paul Anka)が
フランク・シナトラ(Frank Sinatra)の為に英詩を付け大ヒットとなったのが「マイ・ウェイ(MY WAY)」です。

実はこの英詩をつけるという話が ポール・アンカが書く前に ボウイに行き
『Eve n A Fool Learns To Love』となりましたがボツとなりました。

ボウイは後々、これをパロディ化?してアルバム「ハンキー・ドリー(Hunky Dory)」で
火星の生活(Life On Mars?)」として発表した、ということです。

東京 新宿 ライブハウス


2012-09-05 14:11:18投稿者 : 東京 ライブハウス
この記事のURL コメント(2) nice!  あしあと

平賀源内「土用の丑の日にウナギを食べる」はコピーライターのはしり

プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

ただ今4:30でいまだ仕事中です。

先日「平賀源内」さんの番組をTVで見ました。皆さんはこの方を知っていますか。

1728年生まれ江戸時代の方です。

職業は本草学者、蘭学者、医者、作家、発明家、画家(蘭画家)とのことで

今で言うマルチ?

とにかく凄い人ですね!

以下、人物と業績(ウィキによる):

・天才、または異才の人と称される。

・鎖国を行っていた当時の日本で、蘭学者として油絵や鉱山開発など外国の文化・技術を紹介した。
文学者としても戯作の開祖とされ、人形浄瑠璃などに多くの作品を残した。
また源内焼などの焼き物を作成したりするなど、多彩な分野で活躍した。

・『解体新書』を翻訳した杉田玄白をはじめ、当時の蘭学者の間に源内の盛名は広く知られていた。
玄白の回想録である『蘭学事始』は、源内との対話に一章を割いている。
源内の墓碑を記したのも玄白で、「嗟非常人、好非常事、行是非常、何死非常」
(ああ非常の人、非常のことを好み、行いこれ非常、何ぞ非常に死するや
〔貴方は常識とは違う人で、常識とは違うものを好み、常識とは違うことをする、
しかし、死ぬときぐらいは畳の上で普通に死んで欲しかった。〕)
とあり、源内の才能に玄白が驚嘆しその死を惜しんだことが伺われる。

・科学者としての業績には、オランダ製の静電気発生装置エレキテルの紹介、火浣布の開発がある。
一説には竹とんぼの発明者とも言われ、これを史上初のプロペラとする人もいる
(実際には竹とんぼはそれ以前から存在する。 気球や電気の研究なども実用化寸前までこぎ着けていたと言われる。
ただし、結局これらは実用的研究には一切結びついておらず、後世の評価を二分する一因となっている。

・『エレキテル』の修復にあっては、その原理について源内自身はよく知らなかったにもかかわらず、修復に成功したという。

・「夏バテ防止のために土用の丑の日にウナギを食べる」風習は、夏場の売り上げ不振に悩んだ鰻屋に請われて、
平賀源内が考案した「本日土用丑の日」という広告キャッチコピーが元との説がある。
また、明和6年(1769年)にはCMソングとされる、歯磨き粉『漱石膏』の作詞作曲を手がけ、
安永4年(1775年)には音羽屋多吉の清水餅の広告コピーを手がけてそれぞれ報酬を受けており、
これらをもって日本におけるコピーライターのはしりとも評される。

・浄瑠璃作家としては福内鬼外の筆名で執筆。時代物を多く手がけ、
作品の多くは五段形式や多段形式で、世話物の要素が加わっていると評価される。
江戸に狂歌が流行するきっかけとなった大田南畝の『寝惚先生文集』に序文を寄せている他、
風来山人の筆名で、後世に傑作として名高い『長枕褥合戦』や『萎陰隠逸伝』などの春本まで残している。
衆道関連の著作として、水虎山人名義により 1764年(明和元年)に『菊の園』、安永4年(1775年)に
『○色細見』の陰間茶屋案内書を著わした。

・鈴木春信と共に絵暦交換会を催し、浮世絵の隆盛に一役買った他、
博覧会の開催を提案、江戸湯島で日本初の博覧会『東都薬品会』が開催された。

・文章の「起承転結」を説明する際によく使われる、
「京都三条糸屋の娘 姉は十八妹は十五 諸国大名弓矢で殺す 糸屋の娘は目で殺す 」の作者との説がある。

こんな感じなんですが、いかがですか。
自分はやはりうなぎのコピーライティングに特に興味を持ちました。

因みに
石ノ森章太郎さんも当時興味をもっていらっしゃったようで
『キカイダー01』第36話「四次元の怪 恐怖のタイム旅行」に源内さんが出てくるようです。


2012-08-25 04:50:33投稿者 : 東京 ライブハウス
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

大仁田厚、曙、ダンプ松本を見た!




プラドックス・エンターテインメント(新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。 

先日新宿でプロレス見ました~

大御所が何人も出ていて面白かったです。 大仁田厚、曙、そしてダンプ松本…

この日は大仁田厚VS曙がメインでしたが 初めて見る曙の大きいこと大きいこと。

大仁田さんももちろん小さくはないが 曙の大きさは尋常じゃない!驚きました。


あと、メインの1つ前はダンプ松本も出ていました。

最近は男女も混合だったり、キックボクサーのような方も出ていたり するんですね~。

子供の頃見ていたプロレスとは随分印象が 違いました。

写真はダンプさん、そしてデッドポップスターズのKENZIさんと自分です。

(無機質な表情で収まりました)。

2012-08-10 00:17:54投稿者 : 東京 ライブハウス
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

アーティストに「狂気」と「香辛料」を求める。

(マルセル・マルソー)

プラドックス・エンターテインメントのMazaharuです。

自分がアーティストに求めるものは「狂気」と「香辛料」です。

この場合の「狂気」とは本来誰もが持っている要素であり、理性を解いた時に現れる癖のことです。

無意識なので自分ではそれに気づきません。本人にとっては本来の自分であり、自然な行動です。

その剥き出しの感情を音楽に託すアーティストが好きです。

(yuko「私は生きてますか」)

香辛料」は本来は料理に辛味、色を付け食事を美味しくしたり、食欲を増進させたりするものですが

この場合は、聴いていて体が熱くなったり震えたりさせるもののことです。

酒やタバコはドラッグであり、ある意味「香辛料」と同類で、

頭がぐるぐるの狂気(笑)になって現実を一瞬忘れる為には恰好のアイテムです。

(チャップリンの史上ベストスピーチ)

そんなアーティストが沢山いてくれたら!と思います。

ただし、人間は耐性を生じやすいので、同じ刺激から永遠に同じ感動を得ることは難しいかもしれません。


PS:(念の為)アーティストに使命、モットー、責任、ビジネスなどは無用です。

2012-07-21 00:03:35投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

「Punk」→「New Wave」→「精神」「マインド」「信念」で人生を思い通りにする。

プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

今日はなかなか簡単には話せないテーマですので、完結しないと思いますが、お付き合い下さい。

「Punk」→「New Wave」→「精神」「マインド」「信念」で人生を思い通りにする。


皆さんはパンクロックを知っていますか。

ラモーンズの影響を受けたと言われるセックス・ピストルズ(シド・ヴィシャスも元メンバーだった)が

ロンドンでやり始めたロックを俗にパンクと呼んでいます。

ピストルズはマルコム・マクラレンとヴィヴィアン・ウェストウッドの

バックアップがあって排出されたバンドとのことです。

その後、パンクのフォロワーが沢山出てきましたが有名なバンドにクラッシュとジャムがいます。

このクラッシュのジョー・ストラマーの有名な言葉で

「Punk is attitude, not style.」というのがあります。

「パンクってのはファッションや音楽じゃなくて姿勢なんだ」という意味です。


自分はパンクも聴きましたが、この後に出てきたニューウェーヴという音楽が何よりも大好きです。

このニューウェーヴという音楽もどちらかというとパンク同様にスタイルではなく姿勢だと思います。



色々な世代があり自分は全ての世代を肯定しようと心がけていますが

やはり自分の世代の考えを尊重しがちかもしれません。



自分は「Punk」から「New Wave」へ入り、楽曲以外の姿勢に大きく影響を受けたと思っていますが

この姿勢というのは現代にも通用するものだと思います。



最近思うことは「精神」「マインド」「信念」など、心で強く思ったり、イメージしたりすることで

人生というのはほとんど思い通りになるということです。

思い通りになっていない場合は信じる力をもう少し鍛える必要がありそうです。


「Punk」「New Wave」、ひいては「音楽」も「宗教」ですね。



2012-07-04 00:27:42投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

アートやライブは鑑賞者なしに成り立つのか?


チン○ム

バンクシー

プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

最近ムクっと起き上がったテーマ

「アートやライブは鑑賞者なしに成り立つのか?」 

職業柄ライブをよく見ます。

ショーは人により、また曜日、天気、時間帯にもより集客が変わります。

何十名もお客様が入っている日もあれば、数名しかいない日もあります。


もしも上記掲載の画像のようなアート作品を、

創作者以外の方が誰も見ることがなかったら、それをアートと呼ぶのでしょうか。

また
武道館でライブを行う際に、もし万が一お客様が誰もいなかったら

それをライブと呼ぶのでしょうか。

最近、病気になってしまったのか(笑)、こういう馬鹿げたことをよく考えてしまいます。



100人ぐらいの方に是非聞いてみたいところです。

今のところは自分だけの考えとなりますがこれは前者も後者もきっと成立しませんよね?

ね?

ね?

少なくとも後者はエンターテインメント(娯楽)であるはずなので

バンドメンバーさんとスタッフさんしかいなければ成り立たない気がします。



問題は前者ですね。

アート作品は鑑賞者の為に作るものではないはず。

自分自身のエネルギーの現れなので無人島に一人ぼっちで居たとしても

衝動さえあればアート作品はできるはず。

うーん?

ちょっと待てえ!

そう考えるとライブは置いといたとしても

演奏そのもの、例えば一人でピアノ演奏をしていることは

鑑賞者がいなくても快感や感動できるものなのでやっぱり成り立つ?

アートは衝動、脳の中身

ライブも衝動、脳の中身?

うーん、

だれかHELP~!

2012-06-28 00:10:36投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(2) nice!  あしあと

何度見ても面白い「ハブとマングースショー」


プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

まずはこの映像を見てください。

沖縄には「ハブとマングースショー」という見せ物があります。

自分も以前行きました。

先にネタばらしですが、本島をドライブしていたら、やたら ↓ この看板が目に入りました。

「ハブとマングースショー!何度見ても面白い!」と沢山書いてあります。

本当は違うところへ行こうと思っていたのですが「そんなに面白いのか!」とまんまと…

そして入ってみると、受付のおばちゃんが「はい、○○円です。はいちょうど頂きます。」と

お金を受け取るとすぐに「今は法律が厳しくて…ボソボソボソ」と言いました。

なんだか分かりませんがとにかく楽しみに入りました。

まずはおじちゃんが白い蛇を持ってきてみんなに触らせます。

女子はキャーキャー言って盛り上がっています。

そしてマングースの登場。檻に入っています。凶暴なのでしょう。

そして待ちに待ったショータイム

と思いきや、

なぜかスクリーン登場、で部屋が暗くなって

「え?」

「映像?」

やられたー、そうなんです。

お金を受け取ったおばちゃんの「今は法律が厳しくて…ボソボソボソ」を思い出しました。

動物愛護の観点からショーは随分前に廃止になったそうですね。

でも奄美大島ではOKって噂、本当ですか?



因みにマングースはインドからハブ駆除の為に連れて来られたらしいです。

今は問題となっているようです(下記)

「本土の人間からすると”正義の味方”のイメージの強いマングースですが、
ハブ対策として野に放たれたものの、人間の目論見を見事に裏切り、
命の危険を冒してまでハブを狩ろうとはせず、在来種の小動物や昆虫などを食い荒らして、
今や”悪党”として嫌われ者の地位を確立しています。ヤンバルクイナも例外なく餌食になっているそうです。」

「マングースにしても、ハブの毒に対する免疫を持っているわけではありませんので、
他に獲物が得られる状況下では万が一にも逆襲される危険性のある毒蛇を好んで襲うことはありません。
見世物は自然の生態とは別ものです。
このような基本的な生態を見落としてしまうほど愚かな研究者が犯した失策により、
ハブ退治のためと称して移入されたマングースが、沖縄地方の生態系に深刻な影響を与えてしまっています。」

とのことです。

本州などでも、例えばピラニアを池に逃がした人がいて、それによって
池の生物が食われてしまうという問題があるようですね。

自然は調和が保たれているので、何かが一つ変わるとたちまちバランスが崩れるのですね。

2012-06-11 22:14:22投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

(特に)中央線沿線の方は高円寺放送を…


プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

中央線沿線の方はご存知の高円寺。

ここは古着屋さんや飲食店など、それはそれは個性の強いお店が軒並み立ち並んでいます。

「リトル・下北沢」とも言えるような街だと自分は認識しています。

今日はその高円寺で

とても熱い?!

高円寺放送のお話。


高円寺放送とは「株式会社高円寺放送」が運営する音声CMで

高円寺駅前から南口パル商店街、ルック商店街のエリアに流れる街頭CMです。



内容は、各店舗さんの宣伝なのですが

この中で強烈な存在感を持っているCMのひとつが

「バーボンハウス」

のCMです。とにかくふざけ過ぎています。


内容は



「男なら!バーボンを飲め!…バーボンハウス」

「私、今日は朝まで飲みたいわ!…バーボンハウス」

「バーボン バーボン バーボンハウス。

ハウス バーボンカレーだよ。

ヒデキもカンゲキ。

ハウス バーボンカレーだよ。

バーボン バーボン バーボンハウス。」

「バーボン バーボン バーボンハウス。

今夜はなんだか眠れない。 

人のぬくもりが恋しいの。

マスター… 温めて。

はい。

ホットバーボン。

バーボン バーボン バーボンハウス。」などなど


この放送のナレーターさんは女性ですが

この方がまるで罰ゲームで変な台詞を言わされているかのような(笑)感じが面白過ぎます。


噂によると

バーボンハウスさんの原稿があまりにふざけ過ぎているので

高円寺放送さんからバーボンハウスさんへ

「あんまりふざけた原稿にしないで下さい!」

と言ったとか、言わなかったとか…

それにてもこの女性ナレーターさんが真面目にしゃべる面白さは圧巻です!

みなさんも高円寺に降り立った時には是非聞いてみて下さいね。


PS:自分は高円寺放送さんや、バーボンハウスさんのCMには一切関与していません(笑)


2012-05-29 19:42:47投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

~ステージで「私、MC苦手なんで…」はNGワード~



プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

本日はミュージシャンの方限定のお話となってしまいます、すみません。


ステージ上で「私MC苦手なんで…」というMCをしているのを耳にします。
グラムシュタインのステージでは「私MC苦手なんで…」はNGワードとしています。

お客様からお金を頂いている以上、
中途半端なショーをお見せしないように最善の努力をして頂きたいと思っています。

MCは日常会話とは違います。
日常会話ができるのにMCは苦手、というのは当たり前です。

MCができないのは単純に訓練をしていないからです。

ステージで喋るのが苦手な方は、何も喋らなくていいのです。
なぜならあなたは「アナウンサー」や「芸人さん」ではなく「歌う」「演奏」することが専門だからです。

苦手意識が強い方へお薦めの方法です。

①喋らず、曲間にBGMを流す
②喋らず、沈黙に耐える
③次の曲の話をする
等など

でも
これらがイヤな方は今からMCの訓練をしましょう。

詳しくは自分までお気軽にご連絡下さい。

因みに上達ポイントは

・身内ではなく、すべてのお客様に向かって話す(初めての方も巻き込む)

・人のMCを聞いて研究する(プロ・アマ問わず)

です。

また、「良いライブ=良いMC」と言っても過言ではありません。

2012-05-26 16:04:07投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(1) nice!  あしあと

マトリョミンとは!



プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

皆さんは「マトリョミン」を知っていますか。

自分は先日ライブを見てきました。

上記画像はロシアの民芸品「マトリョーシカ」ですが

これと下記、ロシアのテルミン博士が開発したシンセサイザーのルーツである「テルミン」



が合体したものが下記「マトリョミン」です。

(竹内正実氏が代表を務める電子楽器メーカー
Mandarin Electronが開発、製造、販売するマトリョーシカ型テルミン)

まずは是非youtube体験して下さいね。


2012-05-22 00:23:31投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

電車内で電話が鳴ったら、ケンカが止まった!



プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。


皆さんは電車でケンカを見たことがありますか。


東京はよく満員になりますから、ケンカも絶えませんよね。




まず


この画像は長州さんと橋本さんが口ゲンカしている画像で、イメージです、すみません。




先日終電に乗っていたら


なんか遠くの方から比較的大きな声で会話しているのが聞こえてきました。


他の方も気づいたようでみんな同じ方向を見ています。口ゲンカのようです。



ドア際に立っている若い男性が


その背中合わせにある椅子の角に座っている若い男性に文句を言っています。


どうやらドア際の男性が携帯で会話をして、座っている方から注意されて逆切れしているようです。




基本的に自分はその場にいると誰よりも早く仲裁することがありますので


もう最寄り駅に到着直前だったのですが乱闘になったら、と仲裁スタンバイをしていました。




ところが


立っている方がかなり怒っているその時、対面のシートにいた若いメガネの男性が


「あなたが悪いんじゃないですか!」と言葉を放ったのです。




自分含めその場にいた方はみんなその方を勇敢だと思ったことでしょう。


予想通り立っている方はそのメガネの男性に怒り「お前は関係ない」みたいなことを言って


また最初の男性につっかかっています。



その後もメガネの方はケンカしないように注意し続けており



どうなるんだろうと思っていたら、



なんとこのタイミングでメガネの男性の携帯が鳴ったのです。



そしたら初めの二人がメガネの方を見て、お笑いのツッコミばりに


「お前もじゃねーか!」といって笑いました。




メガネの方は、自分が注意していた立場上バツが悪く、「申し訳ない」と謝ると



二人は仲直りして、


最後、「じゃあお疲れ様でした」とか言って立っていた人は下車していきました。




電車内で揉める原因を作る電話が鳴ってケンカが止まったんですよ。


なんかほのぼのでした。




2012-05-20 00:42:33投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

大阪市職員110人の入れ墨、グラハム・カー・ショー



プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

大阪市職員110人の入れ墨が問題になっています。

全貌を認識していないので、コメントは控えますが

一件気になる点

この110人の方が彫ったのは就職前?就職後?

もし採用前からだったとしたら検査とかなかったのでしょうか。

もし検査がなかったとしたら、今さら何だって感じですよね。



今日はグラハム・カー・ショーをお送りします。


これが面白かった人は他のも見てみて下さいね。

2012-05-18 22:15:57投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

THE LADY GLAM WHISTLE TEST

プラドックス・エンターテインメント(新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。 

5/13「THE LADY GLAM WHISTLE TEST」の報告です。


こどうはるか
ミラクルヴォイスと裸足のパフォーマンスで観客を魅了


白鷹組
パワフルなヴォーカルパフォーマンス&ギタープレイのコンビネーション


グリモ・リズモ
(古典)映画のような完璧な演出とエキセントリックさで現実逃避する


Momoco
やっと風邪が治り、本調子!絶好調なヴォーカルと心に染みる歌詞


公演中は常時オーラソーマFumicoさんのカラーセラピーが行われていました。
初体験の方が多く、引っ張り凧でした!

みなさん本当にありがとうございました!
 







2012-05-15 21:59:58投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

チャールズ皇太子の天気予報


プラドックス・エンターテインメント(新宿グラムシュタイン)のmazaharuです。

先日チャールズ皇太子がロンドンBBC放送のお天気キャスターになったそうです。

イギリスって面白いですね。


浩宮さんも宜しくお願いします。

2012-05-11 18:57:01投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

忌野清志郎(ex.RCサクセション)


プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

5/2は忌野清志郎さんの命日とのことで、先日BSで特別番組がありました(再放送)。

忌野清志郎というとRCサクセションであり、「雨上がりの夜空に」である

と思う方も多いのではないかと思います。

今でもカバーをされるバンドさんは少なくないですよね。


自分は幼少の頃、RCの全盛期を体験した世代ですが、

当時のお気に入りは「不思議」「お墓」「サマーツアー」「君可愛いね」などでした。



番組は彼の500点の絵画を公開しながら生涯をつづるものでした。

忌野清志郎をよく知る方はご存知かと思いますが

彼の残した絵画や漫画は本当に素晴らしいです。



ゴッホが大好きだったそうです。



自分が番組で一番印象に残ったシーンは

彼の初期のファンの一人だったある女性の彼を評論するコメントでした。


「素直は曲がっていること」


とその女性は下積み時代の清志郎さんを表現していました。

大地や草木、動物達のように天然のもののように

清志郎さんは素直ゆえに曲がっており、その才能はなかなか世間に受け入れられませんでした。

でも彼は売れないことに卑屈になりながらも自分を貫き通し、その結果

真実を追い求めていた人々に感銘を与えることができました。

彼の歌詞は一般的には「変な歌詞」と思われていますが

その実態は「真実」であり(受け入れられるのに時間がかかりましたが)

ゆえに時代を越えて今もなお受け入れられているのだと思います。

2012-05-10 00:40:34投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
79件中   21 - 40 件表示 ( 全 4ページ )
  1  2  3  4