新宿 ライブハウス【グラムシュタイン】新大久保 東京 グランドピアノ

【グラムシュタイン番外編ホームページ】


新宿 大久保 新大久保 東新宿 西早稲田 高田馬場 最寄り!
リーズナブル価格(安い・格安・激安?)、グランドピアノ、ダンス、ミュージカル、トークライブ、アカペラ、食事、
キャパ(収容人数)200 の東京のライブハウス!

ライブハウス 新宿 グラムシュタイン
住所:〒169-0072 東京都新宿区大久保
2-6-10新宿第二アルプスマンションB1

早分かりはこちら→

詳細 >>

※synclメッセージ

※フレンド一覧

※フレンド一覧 登録がありません

※コミュニティ一覧

参加しているコミュニティがありません。 コミュニティを探す

何度見ても面白い「ハブとマングースショー」


プラドックス・エンターテインメント(ライブハウス・新宿グラムシュタイン)のMazaharuです。

まずはこの映像を見てください。

沖縄には「ハブとマングースショー」という見せ物があります。

自分も以前行きました。

先にネタばらしですが、本島をドライブしていたら、やたら ↓ この看板が目に入りました。

「ハブとマングースショー!何度見ても面白い!」と沢山書いてあります。

本当は違うところへ行こうと思っていたのですが「そんなに面白いのか!」とまんまと…

そして入ってみると、受付のおばちゃんが「はい、○○円です。はいちょうど頂きます。」と

お金を受け取るとすぐに「今は法律が厳しくて…ボソボソボソ」と言いました。

なんだか分かりませんがとにかく楽しみに入りました。

まずはおじちゃんが白い蛇を持ってきてみんなに触らせます。

女子はキャーキャー言って盛り上がっています。

そしてマングースの登場。檻に入っています。凶暴なのでしょう。

そして待ちに待ったショータイム

と思いきや、

なぜかスクリーン登場、で部屋が暗くなって

「え?」

「映像?」

やられたー、そうなんです。

お金を受け取ったおばちゃんの「今は法律が厳しくて…ボソボソボソ」を思い出しました。

動物愛護の観点からショーは随分前に廃止になったそうですね。

でも奄美大島ではOKって噂、本当ですか?



因みにマングースはインドからハブ駆除の為に連れて来られたらしいです。

今は問題となっているようです(下記)

「本土の人間からすると”正義の味方”のイメージの強いマングースですが、
ハブ対策として野に放たれたものの、人間の目論見を見事に裏切り、
命の危険を冒してまでハブを狩ろうとはせず、在来種の小動物や昆虫などを食い荒らして、
今や”悪党”として嫌われ者の地位を確立しています。ヤンバルクイナも例外なく餌食になっているそうです。」

「マングースにしても、ハブの毒に対する免疫を持っているわけではありませんので、
他に獲物が得られる状況下では万が一にも逆襲される危険性のある毒蛇を好んで襲うことはありません。
見世物は自然の生態とは別ものです。
このような基本的な生態を見落としてしまうほど愚かな研究者が犯した失策により、
ハブ退治のためと称して移入されたマングースが、沖縄地方の生態系に深刻な影響を与えてしまっています。」

とのことです。

本州などでも、例えばピラニアを池に逃がした人がいて、それによって
池の生物が食われてしまうという問題があるようですね。

自然は調和が保たれているので、何かが一つ変わるとたちまちバランスが崩れるのですね。

2012-06-11 22:14:22投稿者 : 新宿Glamstein
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
コメント一覧
コメントはまだありません。